ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
OTHERS

<< 博士の愛した数式 | main | グッバイ・親不知! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
メビウスの輪
ゼミでの通年の大きなテーマは文化でした。

ゆーたら永遠に答えのでない問題について考えるゼミ。



数式のように一本線の解決口なんか導けない。


でも導けないからこそ面白く、割り切れないからこそあたしにとってはとても面白い時間だった。


自分が何人なのかわからないてときがある。

パッチギだぜ!
ほんまに。


「出身地は?」て聞かれる時。
あたしだけじゃないとは思うけど、いちばん困る質問の類…
否定的な意味ではなく、まだハッキリなんといったらいいのかわからない。


あたしの場合「どれ???」ってなる。


そんなにたくさんのところを行き来してる方には入らないけど、アメリカと日本、関東と関西のわかりやすい移動が余計に割り切れない想いにさせるのかもしれない。



今日で阪神大震災から11年なんだけど
神戸にきてまだ5年目のあたしにとっては触れてはならないような領域な気がして、なんちゅーか
「あたしは神戸人ではないなー」て感じた。


阪神大震災に対して思い出す記憶は、あくまであたしが神奈川県川崎市に住んでいたときに自分が感じたインパクトやから。




昨日エントリーしたときにここで紹介した歌詞は、男にも女にもなれない主人公が劇中で歌う歌。
「海辺のカフカ」にもそんな話が出てくる。
性にともなうどちらにもつけない悩みよりは「本能」とか「身体的機能」が伴わない分、お気楽な考え事かもしれない。



むしろ、こうゆう意味での「根無し草」なことを活かせる機会も幸いにも現代社会には多いにあるから。



ま、そんな曖昧な矛盾だらけのかんじの、きっと人生永遠につづくこのクエスチョンが
全然嫌いではなく
むしろ、いいかんじにすき。



あたしの脳みその中に小学生の頃から常にあるメビウスの輪なり。



だから、考えられるゼミの時間て好きやったなー。
文化とか宗教とか人種とか民族とか…

まぁ、あたしにとってはきっと永遠のクエスチョンなんやけど。


とりあえずNobuゼミおつかれさーん!


考えごと / comments(3) / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
本日ダメだしされたのでさっそくコメントしてみる。
この日記、個人的にめっちゃ共感する。
パッチギやで!ほんま。
* くりりん * 2006/01/18 3:12 AM
昨日の日記からビビっとしてました。


「男にも女にもなれない主人公」

っていうのはあんまり納得できないけどね。(別にかおりんに納得できないんじゃなくて歌詞にね笑)
ちゃんと聞いてもないし、映画も見てないから文句言うのは生意気かもしんないけど、
主人公は男もしくは女になろうとしてるのがいやだ。
別にいいんだけど、そのどちらかが正しい、そのどちらかじゃないと正しくないみたいな。

「男にも女にもなれない主人公」
ってよりも、
「もともと男でも女でもない主人公」
だったらいいのに。


にぃやんも出身地聞かれたらちょっと身構えます。

たいがいの人には、名古屋って答えます。(いちおー高校3年間いたから記憶が一番新しいし)

けど、本当は、もっと複雑。
出身地が、
広島なのかアメリカなのか奈良なのか名古屋なのかわかんないし、
実家も名古屋なのか東京なのかわかんない。

でも、それでいいと思う。
無理に決めなくていいと思う。

性別も、出身地も、人種も、・・・

全部ひっくるめて、自分なんだから。




よーーーーーーするに、
にぃやんもいい感じに好きってこと☆

長文失礼しましたm(__)m
* にぃやん * 2006/01/18 9:59 AM
>くりりん
そうやなー!
ぱっちぎやで、ほんまに。
でもエンドレスに問い続けるのは良いことやと思うので、あたしは上記のとーり決して嫌いじゃない☆

>にぃやん
いい感じに好き、てことね☆よいよい!
これ(てかその前の日のんも)書いたときにぃやん食いつくと思ったてんー。
テーマ的に。
ありがとぉ♪

むしろどっちつかずのよいところは、架け橋的なもんになりうるとこ…て、そんな大げさな言い方してみてもこっぱずかしいけどね。
* かおりん * 2006/01/19 9:14 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kaolynn-go.jugem.jp/trackback/112
トラックバック